ホーム > >労働関連ニュース > シフト組み16人出向事例も――経産局・雇用シェア事業

シフト組み16人出向事例も――経産局・雇用シェア事業

2020年11月 6日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

各地の経済産業局が、コロナ禍を受けて雇用維持に課題を抱える企業と、人手不足が顕在化した企業をマッチングし、企業間の一時的な人材シェアを支援する事業を展開している。5月中旬から先行して取り組む北海道経産局では、これまでに成立した実例を公表、送出し企業内で16人の社員がシフトを組み、1日3~4人ずつ受入れ先で勤務する在籍出向契約を締結したケースなどを紹介している。関東経産局では埼玉県内のみで実施していた事業を新たに関東広域に広げ、再流行に備えて態勢を強化している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ