ホーム > >労働関連ニュース > 労働者協同組合法 労働法規を「完全適用」――議員立法

労働者協同組合法 労働法規を「完全適用」――議員立法

2020年12月18日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

労働者が出資し自ら事業を運営する新たな労働ルールを定めた「労働者協同組合法」が、臨時国会で成立した。出資した組合員が協同組合の行う事業に従事するもので、役員以外は、労働基準法や最低賃金法などの労働法規が完全適用となる。協同組合は営利を目的として事業を行ってはならず、剰余金は、組合員が協同組合の事業に従事した程度に応じて配当するとした。法案成立まで20年以上にわたって議論・検討が続けられてきた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ