ホーム > >労働関連ニュース > 賃上げの流れ維持と評価――21年・春季労使交渉――

賃上げの流れ維持と評価――21年・春季労使交渉――

2021年4月 1日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

2021年の春季労使交渉の集中回答日となった3月17日、金属労協の髙倉明議長は、8年連続となった賃上げの流れを継続できたと述べるとともに、格差是正の取組みが定着してきていると評価した。ベースアップの平均回答額は、翌日18日時点で1138円と、前年同期に比べ78円高かった。一時金については、平均4・94カ月と前年より0・16カ月低いが、4組合が前年を上回ったとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ