ホーム > >労働関連ニュース > 建設業 偽装一人親方の排除へ――国交省

建設業 偽装一人親方の排除へ――国交省

2021年4月 1日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

国土交通省は、建設業の一人親方問題に関する検討会の中間取りまとめ案を明らかにした。社会保険加入などの規制逃れを目的とした「偽装一人親方化」を防止するため、下請指導ガイドラインを改正するとした。実態が雇用形態であることが明らかであるにもかかわらず、技能者を一人親方として働かせている企業を下請企業に選定しない取扱いとするほか、適正な一人親方の例を具体的に示す。現場入場時には、自己診断チェックリストを用いて働き方が適正かどうか確認する考え。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ