ホーム > >労働関連ニュース > 青少年雇用対策指針 早期離職でキャリア自律――厚労省

青少年雇用対策指針 早期離職でキャリア自律――厚労省

2021年4月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、令和3年度から5年間適用する「青少年雇用対策基本方針」を作成し、入職後早期に離転職する若年者へのキャリア支援強化を打ち出した。企業の職場情報および職業情報の見える化を図ったうえで、入職後早期のキャリアコンサルティングの実施、早期離転職者を念頭に置いた新卒応援ハローワークでの職業相談対応などを具体策として挙げている。従来、職場定着対策を重視してきたが、早期離職がかえって若年者のキャリア自律を促すケースが少なくないとの見方に転換した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ