ホーム > >労働関連ニュース > はしご適正使用を徹底――東京労働局

はしご適正使用を徹底――東京労働局

2021年4月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京労働局(土田浩史局長)は来年度、建設業における労働災害の減少に向けて、「はしご」や「脚立」の適切な使用を重点的に指導する方針だ。他産業では転倒災害が多いのに対し、建設業では低所からの転落災害が多発しているため、その要因となっているはしごなどの適切な使用を求めていく。個別指導のほか、業界団体を通じた集団指導を通じて、はしご・脚立使用時のチェックリストの活用を呼び掛けていく。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ