ホーム > >労働関連ニュース > 試用期間途中の解雇は有効――東京地裁

試用期間途中の解雇は有効――東京地裁

2021年4月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京都内の有料老人ホームで働いていた労働者が、試用期間途中での解雇の無効を訴えた事件で、東京地方裁判所(上村考由裁判官)は解雇を有効と認める判決を下した。労働者が同僚の胸ぐらをつかみ「お前やんのか」と暴言を吐いた行為を、介護職員としての適格性を欠くと指摘。試用期間中の勤務によって「採用前には知ることができなかった不適格性を知るに至った」として、試用期間中に認められる留保解約権の趣旨・目的に照らし、行使は正当と判断した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ