ホーム > >労働関連ニュース > 「無期転換ルール」見直し――厚労省・検討会設置

「無期転換ルール」見直し――厚労省・検討会設置

2021年4月13日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、改正労働契約法第18条の「無期転換ルール」改正に向け、学識経験者で構成する検討会をスタートさせた。無期転換前の雇止め対策、クーリング期間のあり方、無期転換後の労働条件確保などについて、さらにルールを整備する意向である。改正労契法施行後8年が経過し、ルール見直しの時期が来ている。調査によると、30%強の企業が無期転換申込みに応じているものの、8%強が労働契約期間通算5年を超えないよう運用しているのが実態である。併せて、多様な正社員制度も見直す。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ