ホーム > >労働関連ニュース > 総合職転換 「機会なし」は女性差別――横浜地裁

総合職転換 「機会なし」は女性差別――横浜地裁

2021年4月13日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

一般職から総合職への転換制度があるにもかかわらず、女性労働者2人に転換の機会を与えなかったのは男女雇用機会均等法が禁止する性別差別に当たるとして、横浜地方裁判所(新谷晋司裁判長)は巴機械サービス㈱に各100万円の支払いを命じた。労働者が繰返し差別と指摘したにもかかわらず、転換要件や基準を示さなかったのは違法と判断している。一方、総合職との賃金差額の請求については、機会があったとしても、実際に転換できたかは分からないとして、請求を棄却した。同社はこれまで計65人を採用してきたが、総合職はすべて男性、一般職はすべて女性だった。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ