ホーム > >労働関連ニュース > 介護職確保策 週休3日制の本格導入開始――宮城県

介護職確保策 週休3日制の本格導入開始――宮城県

2021年6月28日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

介護人材確保の緊急アクションプランに取り組む宮城県では、今年度からモデル事業所5社で「週休3日制度」の本格導入を開始した。1日10時間勤務とし、賃金水準は保ったまま年間約50日の休日増を見込む。メリットとして連休取得の実現や、同時に働く人数が増えた結果、残業削減につながったケースがみられる。一方、身体的負担や欠員へのフォロー体制などの課題も挙がっている。来年にはノウハウや課題解決策をまとめたハンドブックを作成する予定で、さらなる改善と普及をめざす。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ