ホーム > >労働関連ニュース > 元職場へ復職させる義務なし――東京地裁

元職場へ復職させる義務なし――東京地裁

2021年7月12日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

福祉輸送専門のバス会社に勤める労働者が、休職明けに元の職場へ復職させなかったのは違法と訴えた裁判で、東京地方裁判所(三木素子裁判長)は元の職場に復職させる義務はないと判断した。労働者は精神疾患で休職に入り、休職中に降格処分を受け営業所から本社に配置転換となった。訴訟提起前に降格を不服とする労働審判を申し立て、降格前の賃金支払いを受ける地位のみを確認する審判が確定していた。同地裁は審判により配転は確定していると指摘。営業所でなく本社に復職させたとしても、復職配慮義務違反は認められないとしている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ