ホーム > >労働関連ニュース > 氷河期世代対策 正社員就職6000件超えに――大阪労働局

氷河期世代対策 正社員就職6000件超えに――大阪労働局

2021年7月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

大阪労働局(木暮康二局長)は、昨年度からスタートした「就職氷河期世代活躍支援プラットフォーム」の取組み状況を公表した。ハローワークの職業紹介による正社員就職は6868件に上り、1年当たりの目標とする5600件を上回っている。若手の獲得が難しい企業や、氷河期世代に当たる年齢層が薄い企業で採用に至っているケースがめだつ。同労働局では昨年度の結果を踏まえ、今年度は面接会のさらなる充実をめざすとしている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ