ホーム > >労働関連ニュース > 口外禁止条項 当事者の合意が重要に――全労委総会

口外禁止条項 当事者の合意が重要に――全労委総会

2021年12月 3日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

第76回全国労働委員会連絡協議会総会が11月18~19日にオンラインで開かれ、集団調整事件などのあっせんや不当労働行為事件審査の和解における口外禁止条項の取扱いについて、各労委公労使委員が議論した。労働審判において労働者の意向に反して同条項を付けたことを違法とした昨年12月の長崎地裁判決を踏まえたもの。労委からは、解決金の支払いがある紛争を中心に同条項を付けていることが報告された。同条項の内容にも様ざまなパターンがあることから、あっせん条項などに加える場合の留意点として、「当事者の意向を聞きながら合意を得ること」との意見が出た。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ