ホーム > >労働関連ニュース > カスハラ 安全配慮義務違反を認めず――横浜地裁川崎支部

カスハラ 安全配慮義務違反を認めず――横浜地裁川崎支部

2021年12月17日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

NHKのコールセンターで働いていた労働者が、視聴者のわいせつ発言や暴言により精神的苦痛を受けたことなどを不服とした裁判で、横浜地方裁判所川崎支部(飯塚宏裁判長)は安全配慮義務違反の成立を認めず、労働者の請求を全面的に棄却した。わいせつな電話があった場合、上司に転送して良いルールになっており、心身の安全を確保していたと評価している。労働者は継続雇用拒否も争ったが、同地裁は電話対応時のルール違反が多数あり、注意・指導を聞き入れる意思がなかったと指摘。継続雇用拒否も有効と判断した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ