ホーム > >労働関連ニュース > 無期転換特例 非常勤講師は対象外――東京地裁

無期転換特例 非常勤講師は対象外――東京地裁

2022年1月11日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

科学技術・イノベーション活性化法が定める無期転換申込権の特例に関して、大学の非常勤講師が対象になるかが争われた裁判で、東京地方裁判所(伊藤由紀子裁判長)は特例の対象外と判断し、無期転換を認める判決を下した。裁判は専修大学で語学を担当する非常勤講師が起こしたもの。同法は大学と有期労働契約を結ぶ「研究者」の無期転換申込権が発生する期間を5年超から10年超に伸ばしている。同地裁はこの研究者の要件について「研究開発業務に従事していることを要する」と指摘。授業のみを担当する非常勤講師に特例は適用されないとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ