ホーム > >労働関連ニュース > 家族手当 5割が正社員にのみ支給――栃木労働局・同一労働同一賃金

家族手当 5割が正社員にのみ支給――栃木労働局・同一労働同一賃金

2022年1月11日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

栃木労働局(藤浪竜哉局長)は、昨年4月にパート・有期雇用労働法の同一労働同一賃金規定が中小企業にも適用されたことを受け、管内企業562社に対して実態調査を実施し、結果を取りまとめた。各種手当のうち、家族手当を正社員にのみ支給する企業が5割を超えることが明らかになったのに対し、「同じ業務と認められない限りは、手当の支給について助言することは難しい」とした。対応状況については6割が完了したとする一方、「内容が分かりづらい」との課題を挙げる企業が少なくないことを懸念している。今後は説明会の開催回数を増やし、個別支援を強化する。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ