ホーム > セミナー情報 > 2009年 > 人事考課者の育成と考課結果の給与への反映

セミナー情報: 人事考課者の育成と考課結果の給与への反映

開催日時

2009年9月17日(木)
2009年9月18日(金)

17日:13:00~18:00
18日:9:00~15:00

主催 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 日本福祉施設士会
開催場所

全国社会福祉協議会・第3~5会議室

講師 (株)日本人事総研 代表取締役 岡田勝彦 ・専務取締役 並木一成
内容

【目的】
  実際に人事考課制度を導入している施設の施設長や人事考課者、今後、人事考課制度の導入を予定している施設の施設長や事務長等を対象として、人事考課制度の目的、重要性はもとより、制度の運用方法や、運用の鍵を握る考課者の育成と訓練の実務について、演習を通じて学びます。

  また、考課結果を給与に適切に反映させる方法と、人件費概念を持った賃金の仕組みを、事例を通じ紹介します。

  さらに、雇用形態の多様化に伴い、正職員以外の、パート職員や契約職員のための人事制度についても解説します。

  福祉施設運営管理の一助として、本講座を是非ご活用ください。

【プログラム】

  1. 第1講義「福祉経営とこれからの人事制度」
    ・不況期を上手に活用するには
    ・先達「松下幸之助」から学ぶ
    ・今こそ手を打っておきたい人事制度とは
  2. 第1回人事考課演習「日常発生する行動を評価してみましょうPart1」
    ・人事考課導入法人の実例に挑戦
    ・まずは考課してみましょう
  3. 第2講義「人事考課実務の徹底分析Part1」
    ・演習の回答を通じて人事考課の仕組みを学ぶ
    ・何を選んで評価すればよいのか(行動の選択)
    ・何を対象に評価すればよいのか(考課要素の選択)
    ・何を尺度に評価すればよいのか(考課段階の選択)
    ・人事考課実施のために準備すべき必須事項
  4. 第2回人事考課演習「日常発生する行動を評価してみましょうPart2」
    ・人事考課実務を学んで再度実例に挑戦
    ・考課スキルのレベルアップを体感してみましょう。
  5. 第3講義「人事考課実務の徹底分析Part2」
    ・人事考課の仕組みを復習しながら演習の回答を解説
    ・人事考課実施時に守るべき必須項目
    ・考課者の役割と期待
  6. 第4講義「評価と賃金の関係を学ぶ」
    ・俸給表の抱える課題と新しい賃金の仕組み
    ・評価結果を適切に反映させるノウハウ
    ・人件費枠を超えない賃金ノウハウ
  7. 第5講義「非正規職員のための人事制度について」
    ・非正規職員のための人事制度の考え方
    ・非正規職員の評価はどうすればよいか
    ・非正規職員の賃金の仕組みはどうすればよいか
    ・昇給の方法、評価と賃金の関係はどうすればよいか
  8. 全体のまとめならびに質疑・応答
対象者

(1)日本福祉施設士会会員および会員在籍施設職員
(2)第34回施設長専門講座受講者および受講者在籍施設職員
(3)福祉施設の施設長など関係者

特記事項

定員 100名(定員になり次第締め切りとさせていただきます)

お問い合わせ

日本施設士会事務局
担当:瀬下 TEL:03-3581-7819
http://www.dswi-sisetusi.gr.jp/

一覧画面へ戻る


このページのトップへ