ホーム > サービス内容 > お勧め図書 > 労使の視点で読む 最高裁重要労働判例 【改訂版】

おすすめ図書:労使の視点で読む 最高裁重要労働判例 【改訂版】

労使の視点で読む 最高裁重要労働判例 【改訂版】

分類 労務管理・実務
著者 高井 伸夫、宮里 邦雄、千種 秀夫、 岡芹 健夫 (共著)
出版 経営書院
装丁 四六判/362頁
出版日 2013年5月
価格 1,900円+税
目次

■ 改訂版まえがき(岡芹健夫)
■ まえがき(髙井伸夫)
■ 略語一覧
■ 発刊によせて 労働判例の意義・機能と立法の時代の労働法(荒木尚志)
■ 最高裁労働判例の歩みと展望-------最高裁重要労働判例22選
■ 労働側からの視点(宮里邦雄)
■ 使用者側からの視点(髙井伸夫,岡芹健夫)
■ コメント(千種秀夫)
   1 労働基準法上の労働者 [藤沢労基署長事件]
   2 労働時間概念 [三菱重工業長崎造船所事件]
   3 時間外労働義務 [日立製作所武蔵工場事件]
   4 過労自殺 [電通事件]
   5 配 転 [東亜ペイント事件]
   6 出 向 [新日本製鐵事件]
   7 私傷病休職者の職場配置 [片山組事件]
   8 産後休業等と賞与算定の際の出勤率 [東朋学園事件]
   9 長期年次有給休暇の指定と時季変更権 [時事通信社事件]
   10 整理解雇 [あさひ保育園事件]
   11 有期労働契約の雇止め [日立メディコ事件]
   12 会社分割と労働契約の承継 [日本アイ・ビー・エム事件]
   13 偽装請負と黙示の雇用契約の成否 [パナソニックプラズマディスプレイ事件]
   14 懲戒事由の追加 [山口観光事件]
   15 就業規則の周知義務 [フジ興産事件]
   16 就業規則による労働条件の不利益変更 [みちのく銀行事件]
   17 労働組合法上の使用者 [朝日放送事件]
   18 労働組合法上の労働者 [INAXメンテナンス事件]
   19 組合併存下の中立保持義務 [日産自動車事件]
   20 労働協約の書面性要件 [都南自動車教習所事件]
   21 労働協約の規範的効力 [朝日火災海上保険事件]
   22 労働委員会による救済命令制度の意義 第二鳩タクシー事件]
■ 社会の動向と労働判例の変遷・役割
■ 労働判例の意義と役割およびその限界(宮里邦雄)
■ 賢者の下す感動を与える労働判例(髙井伸夫)
■ 労働契約関係を取り巻く諸条件と労働判例(岡芹健夫)
■ 労働判例の変遷と発展(千種秀夫)
■ 《資 料》 図表(各事件の係争期間と社会の動き)
■ あとがき (宮里邦雄)
■ 著者紹介

概要

本来裁判は法律にのみ拘束されるわけですが、法律は抽象的なルールにとどまらざるを得ない場合が少なくありません。そこで最高裁判例は裁判所による法の統一的・安定的な解釈・適用を担保する重要な機能を担っています。
本書は労使を代表する弁護士と元最高裁判事が、22の最高裁労働判例に対して、意義、課題・発展の方向を明快に示しています。労働関係に携わる実務家から、法律の学習者まで幅広く参考になるよう構成しています。

お問い合わせ

経営書院(TEL03-3237-1601、FAX03-3237-8209)
または日本人事総研まで

おすすめ図書一覧に戻る


このページのトップへ