ホーム > サービス内容 > お勧め図書 > 実務解説 労災補償法

おすすめ図書:実務解説 労災補償法

実務解説 労災補償法 大きい画像を見る

分類 労働法
著者 木村 大樹・著
出版 経営書院
装丁 A5判/254頁
出版日 2013年8月
価格 本体価格 2500円+税
目次

第1章 労災補償の義務
第2章 労災保険の基本的な枠組み
第3章 業務災害
第4章 通勤災害
第5章 二次健康診断等給付と社会復帰促進等事業
第6章 民事賠償の概要および保険給付と民事賠償との調整
第5章 二次健康診断等給付と社会復帰促進等事業
二次健康診断等給付
社会復帰促進等事業
第6章 民事賠償の概要および保険給付と民事賠償との調整
民事賠償
労災保険の保険給付と民事損害賠償との調整
第7章 その他

概要

労働基準法第8章は労働者が業務上負傷しまたは疾病にかかった場合、使用者は故意または過失によると否とにかかわらず一定の補償を行うことを義務として定めています。労災保険は被災した労働者またはその遺族に対して迅速かつ公正な保護をするための保険給付を行う制度です。本書は最新の法令や判例等を紹介しながら事業者・労働者のために実務に即して解説しています。

お問い合わせ

経営書院(TEL03-3237-1601、FAX03-3237-8209)
または日本人事総研まで

おすすめ図書一覧に戻る


このページのトップへ