ホーム > サービス内容 > お勧め図書 > 労働事件における慰謝料

おすすめ図書:労働事件における慰謝料

労働事件における慰謝料 大きい画像を見る

分類 労働法
著者 東京弁護士会労働法制特別委員会 編著
出版 経営書院
装丁 A5判/458頁
出版日 2015年2月
価格 3,200円 + 税
目次

はしがき
本書の読み方

第1章内定取消
第2章配転
第3章出向・転籍
第4章降格・降職
第5章懲戒処分
第6章パワーハラスメント
第7章セクシュアルハラスメント
第8章退職勧奨
第9章解雇
第10章雇止め
第11章差別的取扱い
第12章不当労働行為
第13章―1 労災(死亡事案)
第13章―2 労災(死亡以外事案)
第14章その他

あとがき

概要

労働事件の慰謝料分析は、これまで系統立てた調査や資料の分析は行われてきませんでした。そのため相場感がわからず困惑することも多々ありました。本書は東京弁護士会労働法制特別委員会の100名を超える委員が、2003年~2013年の10年間に雑誌「労働判例」(産労総合研究所発行)に掲載された労働事件裁判例の「慰謝料請求」を事件類型ごとに整理し、裁判所の労働事件における慰謝料請求の取り扱いを分析したもので、一件ごとに事件の概要・慰謝料算定の理由もしくは棄却の理由・請求額・認容額等をコンパクトに解説し、裁判所における慰謝料請求の基本的な取扱い、必要な要件事実、高額認容される事件の要素等を明らかにしています。

お問い合わせ

経営書院(TEL03-3237-1601、FAX03-3237-8209)
または日本人事総研まで

おすすめ図書一覧に戻る


このページのトップへ