ホーム > サービス内容 > お勧め図書 > 改訂4版 退職金規程と積立制度

おすすめ図書:改訂4版 退職金規程と積立制度

改訂4版 退職金規程と積立制度 大きい画像を見る

分類 賞与・退職金・年金
著者 三宅 直・著
出版 経営書院
装丁 A5判・258頁
出版日 2016年4月9日
価格 2,000円+税
目次

はじめに
第1章 制度疲労を起こしてきた退職金制度
第2章 退職金制度の捉え方
第3章 退職金規程の重要項目
第4章 退職金積立制度
第5章 退職金制度設計の前提
第6章 退職金制度見直しの行程
第7章 退職金制度と税・社会保険料

概要

退職金制度はバブル経済崩壊以降泥沼のデフレ経済に陥り、従来の退職金制度を維持することは、企業の財政面における大きな企業リスクとなることが明らかになりました。今、まさに必要な退職金制度の抜本的見直しとは人事面での効果を求めながら財政面でのリスクを最小限に抑える制度を構築することです。経済や運用環境は好転もすれば悪化もします。一喜一憂しないで将来に向かって維持継続できる新しい退職金制度を構築することが急務です。本書は、これからの退職金制度を導入する際、または既存の退職金制度を見直しする際、「人事」と「財務」の2つの側面に留意しながら、何を把握し、何に注意し、どのような工程を経て行うべきかを解説しています。

お問い合わせ

経営書院(TEL03-3237-1601、FAX03-3237-8209)
または日本人事総研まで

おすすめ図書一覧に戻る


このページのトップへ