ホーム > サービス内容 > お勧め図書 > 医事・看護従事者のための接遇/対話力向上の技術

おすすめ図書:医事・看護従事者のための接遇/対話力向上の技術

医事・看護従事者のための接遇/対話力向上の技術 大きい画像を見る

分類 採用・教育・研修
著者 守谷 雄司・著
出版 経営書院
装丁 B5判/312頁
出版日 2016年11月
価格 6,400円+税
目次

はじめに
第1部 接遇マナーと対話力を鍛える
 第1章 伝えるための基本と条件
 第2章 対話力上達の技術
 第3章 対話力と気配りの技術
 第4章 聴き上手の基本と技術
 第5章 ほめ方・叱り方と禁句
 第6章 言葉と対話と豊かな人間性
 第7章 接遇と対話力―自己診断シート
第2部 実践 事例研究
終章にかえて

概要

いま医療、福祉を取り巻く環境は、少子高齢化、医師・看護師の不足、さらには、2016年度の診療報酬改定にもみられますように、一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の見直しなど、病院経営に大きく影響を及ぼす内容が盛り込まれるなど、大変厳しい状況に置かれております。
これをしっかりと受けとめて、増収・増患に向けた改善の途を模索していく必要がありますが、病院経営の改善・改革は「人」と「風土の改革」です。本書は、人間性豊かな医療人を育てる土壌が、風となりパワーとなって、はじめて患者満足度向上につながるとの前提に立ち、最も注力すべき「接遇力・対話力」のスキル・アップを育成するためのノウハウと先進的な実践事例を紹介しました。
患者対応の最前線であり、その後のリピートに大きく影響する部門である、医事課、看護部、薬剤部、放射線部門等には必携の書として、また、病院幹部の方には、改めて自病院の接遇レベルの実情を把握する上での参考としても、有効な内容構成になっております。

お問い合わせ

経営書院(TEL03-3237-1601、FAX03-3237-8209)
または日本人事総研まで

おすすめ図書一覧に戻る


このページのトップへ