ホーム > 得々情報 > 第190話「同一賃金同一労働」

第190話「同一賃金同一労働」

2017年1月10日

厚生労働省は平成28年12月16日に「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会」の中間報告を、同年12月20日には「同一労働同一賃金ガイドライン案」を発表した。
本施策におけるポイントは
  ①正規、非正規社員両方の賃金決定ル-ル、基準の明確化
  ②職務や能力等と賃金など待遇水準との関係性の明確化
  ③能力開発機会の均等、均衡による一人一人の生産性向上
で、ガイドラインの位置付けと民間(労使)の取組については
  ・第一義的には現行法解釈の明確化と位置づける
  ・制定、発効には適切な検討プロセスを経ること
  ・制定、発効には過不足のない時間軸の確保が重要
  ・民間(労使)による積極的な取組が不可欠
  ・賃金決定を客観化、透明化し正規、非正規間を比較可能にすること
  ・具体的な取組は手当を優先に
  ・基本給部分は段階を踏んだ取組が必要
  ・企業の実情に合わせた丁寧な対応が必要
などとされている。
ガイドライン案については、今後、関係者の意見や改正法案について国会審議を踏まえて最終的に確定する。

 参考/厚生労働省ホ-ムペ-ジ
「同一労働同一賃金中間報告」「同一労働同一賃金ガイドライン案」

 以上



一覧画面へ戻る


このページのトップへ