日本経済新聞の2018年秋の“地域経済500調査”による..." /> 第221話「地方企業の働き方改革への取組と人手不足感」<img src="http://www.jip-grp.co.jp/tokutoku/NEW-2.gif"/> 得々情報 | 人事制度・人事コンサルティング 日本人事総研

ホーム > 得々情報 > 第221話「地方企業の働き方改革への取組と人手不足感」

第221話「地方企業の働き方改革への取組と人手不足感」

2018年12月 5日

日本経済新聞の2018年秋の“地域経済500調査”によると、人手不足が続く中、81.3%のトップが働き方改革に既に取り組んでいる、10.9%が予定があると回答しており、地方企業が働きやすい職場づくりに動いていることが見られた。

 改革の具体的取り組み(複数回答可)は? の問いには、

・残業時間の上限抑制    67.3%
・女性の復帰支援      57.5%
・勤務時間の柔軟化     54.8%
・男性の育休取得促進    42.7%

が上位にあがった。

 地方では人口減による人手不足が都市部以上に深刻で、調査でも50.2%が従業員不足、やや不足と答えた。

その要因としては、

・同業他社との採用競争   55.8%
・地域での労働人口減    47.9%
・大手企業も採用増     34.1%

を挙げるトップが多かった。                 以上

 



一覧画面へ戻る


このページのトップへ