ホーム > 得々情報 > 第226話「今春入社の学生の入社先の決め手」

第226話「今春入社の学生の入社先の決め手」

2019年5月 8日

2019年入社予定の大学生が2018年12月に就職先を確定する際の決め手となった項目は何か。リクル-トキャリアが民間企業への就職が確定している978人に行った調査によると、

1位 自分の成長が期待できるか ・・・ 47.1%
2位 福利厚生や手当が充実しているか ・・・ 37.8%
3位 希望する地域で働けるか ・・・ 37.0%

が高く、「会社や業界の安定性があるか」は29.5%、「年収が高いか」は15.4%に留まり、学生からは“セカンドキャリアを考えれば会社の善し悪しではなく自分の成長が最も大事”という声があった。男女間でも回答には差がでる項目もあり男子の第1位は「自らの成長」に対し女子は「希望する地域で働ける」で、慣れない土地での勤務や全国転勤を敬遠し、勤務地の選べる点を決め手に挙げる女子学生が多かった。さらに、「会社、団体で働く人が自分に合っているか」や「フレックス制度や在宅勤務、育児休暇などの働き方が充実しているか」は女子の方が高く、「年収が高いか」は男子の方が高かった。                                                     以上

 



一覧画面へ戻る


このページのトップへ