労働ニュース

チャレンジ型登用制度 特定ポストへ挑戦可能に――クレディセゾン

投稿日:2024年06月17日

【提供:労働新聞社】
労働新聞社

㈱クレディセゾン(水野克己代表取締役〈兼〉社長執行役員COO)は、アルバイトを含む全社員を対象とし、年1回、ライン長のポストへ挑戦できる「チャレンジ型登用制度」を導入した。
特定のポストを狙って志願できる仕組みで、選考は社長をはじめ役員クラスが面接やプレゼンによって行う。
既存の人事制度の枠を越える思い切った登用を可能にしつつ、現在のライン長に緊張感を与えるのも狙いだ。
昨年10月の初募集では10人以上から応募があり、うち3人が今春から希望のポストに就任している。

労働ニュース 一覧