労働ニュース

正社員男性 ピーク時は44.1万円――厚労省 雇用形態別賃金

投稿日:2024年07月08日

【提供:労働新聞社】
労働新聞社

令和5年賃金構造基本統計調査の雇用形態別集計によると、フルタイムで勤務する男性の所定内給与のピークは、正社員が55~59歳の44.1万円、非正社員は再雇用世代の60~64歳28.5万円だった。
正社員20~24歳の23.2万円と比較すると、それぞれ1.9倍、1.2倍の差が付いている。
短時間労働者については、非正社員・女性の勤続年数別の1時間当たり賃金は、0年が前年比2.4%増の1223円、3~4年が3.7%増の1293円などとなっている。

労働ニュース 一覧